Home >> 懐メロ >> .
Page: 1/1

.

.
loveme | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:懐メロ
Home >> 懐メロ >> 夢の途中〜セーラー服と機関銃〜 昭和56年

夢の途中〜セーラー服と機関銃〜 昭和56年

 
え〜〜、またしても昭和オタクのS氏に、
「来生たかお」を振られてしまいましたよ。
付いていくのに必死です。(笑

さて、S氏は中森明菜の「セカンド・ラブ」と「スローモーション」か。
どっちもいいよね〜。

私のお勧めは、やっぱ、薬師丸ひろこの「セーラー服と機関銃」
・・もいいけど、
来生たかおの「夢の途中」でしょう。
ちょっと歌詞違うけど、どうしてもこっちが頭に浮かんじゃいます。

歌からそれちゃうけど、
映画「セーラー服と機関銃」親戚のお姉ちゃんが観に連れてってくれました。
当時、中1の私でした、まだかわいかった。
お姉ちゃんは真田広之のファンで、2本立てだった
「燃える勇者」って映画を観たかっただけなんですけど。
真田広之って、その時は全然知らなかったけど、
あ〜、お姉ちゃんの好きな人ってこんな感じなんだ〜〜。
っと、ボケ〜っと真田アクションを観てたような気がします。
いや、確かにかっこいいですね。今は渋いですし。
ただ、もう少し背があったらな〜。なんて私にいわれたかないか。
でも、真田広之に「みいさん、痩せて。」って言われれば、
痩せますよ。ええ、痩せますとも!!!(←大バカ
loveme | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:懐メロ
Home >> 懐メロ >> 「素敵なパメラ」  昭和59年

「素敵なパメラ」  昭和59年

 
何で、分かったんだ、、、、、。何でなんだ、、、、、。


南 佳孝を何時登場させようかと思ってた矢先、、
あまりにも唐突に、「モンロー・ウォーク」を突きつけられて、
正直、驚きました。
見透かされている、、、彼に、、、。

とは言っても、私の一番好きな曲じゃない。良かったやん。(←何でやねん!
やばい、関西弁になってる。



とにかく!!!今回は南佳孝ですね。
歌が上手いとかじゃないと思うけど、やっぱり、
歌い方と言うか、声と言うか、
とにかくセクシーですよね。

このセクシー加減で歌ってほしい一押しは、
   
  「素敵なパメラ」
♪ パメラ アイラブユー 愛しているよ本気さ、、、、♪

てな感じでどうぞ、皆さん、彼女に歌ってあげて下さい。
ま、♪アイウォンチュー♪でも、どっちでも、効きます。
最低、私には、効きます。
loveme | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:懐メロ
Home >> 懐メロ >> 「FAN×4」  昭和50年代

「FAN×4」  昭和50年代

大滝詠一です。
他にも色々好きな曲があるけど、
今日は、「FAN×4」がぴったりきました。

私が出合ったのは、確か、20歳頃。
友達に、カセットテープにダビングしてもらって。
テープがレロレロになるまで聴いたな〜。

あの頃は楽しかったな。
若くって、(痩せてて)疲れなかった。自由だった。

この曲は大学生の男の子目線の歌詞なんだけど、
すごく楽しい気分になるから、
気分が暗くなってしまったときなんかに聴くとぐっと明るくなれる。

私は、人がお勧めしてくれた曲もなんか好きだな。
その人のこと思い出したりして。

まあ、好きな人限定だけどね。
loveme | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:懐メロ
Home >> 懐メロ >> 「ぼくの好きな先生」  昭和47年

「ぼくの好きな先生」  昭和47年

私は、中学生の時が一番の青春だった。
本当に自分らしく生きていた。
純粋だったし、可愛かった。
だから、結婚するまでの私の中では、
その時の思い出が一番多い。


って言っても、はっきりと覚えてる事ってあんまりない。
ぼんやり、ぼんやりと、
色んな出来事が、
嬉しかった事、つらかった事、その全部が、
少しずつ良い思い出に塗り替えられて心に残ってる。

毎年、3年生の先輩(視聴覚委員)が、
学校の色んなシーンでかける曲を選曲する。
掃除の時、お昼休み、下校時間等、、、

その選曲は、ある程度、学校生活に相応しい物に限定されるんだろうけど、
その先輩らしさが凄く出ていて、
私は大好きだった。その先輩も大好きだった。


この曲は、お弁当の時間に流れていた。
私の通った中学は、給食が無かったから、
お弁当か、そうでなければ学校前の小さなお店にパンを買いに行った。
あの頃から(今でも)親友の子と2人、よくパンを買いに行った。
学校の外だから、靴を上靴から履き替えて行かないといけないのが面倒で、
上靴のまま、学校のフェンスを飛び越えて行った。
その頃は、お昼に、パンでも3つぐらい食べないと足りなかった。
友達はカレーパンが好きで、
一度に4個買って食べてた時には、クラス中で笑った。

この曲を聴くたび、
この年になってもまだ、
ふっと、中学の時の匂いがして、胸がきゅんとなったりする。


loveme | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:懐メロ
Home >> 懐メロ >> 「22歳の別れ」 昭和50年

「22歳の別れ」 昭和50年

明日仕事休みなんで、
調子に乗って更新してます。




中1の時の学園祭で、3年生の先輩(男子)が、
ステージで弾き語りをしたのがこの曲で、
その時のことを今でも覚えています。
別にその先輩が好きだったわけでもなかったのですが、
みんなの憧れ的存在だった先輩でした。
歌もとっても上手くって、
照明を落としたステージで、スポットライトを浴びた先輩を、
女子はうっとりと聞いていました。
多分、私もぼ〜〜っと見ていたのだと思います。


え?
それだけですけど、、。
歌詞にはなんの思い入れもありませんけど、、。
メロディーが好きなんでしょうね。
あと、あの先輩のステージの記憶。
loveme | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:懐メロ






人気ブログランキング
  • SEOブログパーツ

seo great banner

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
爪の色で階級が示されていた