Home >> 懐メロ >> 夢の途中〜セーラー服と機関銃〜 昭和56年

夢の途中〜セーラー服と機関銃〜 昭和56年

 
え〜〜、またしても昭和オタクのS氏に、
「来生たかお」を振られてしまいましたよ。
付いていくのに必死です。(笑

さて、S氏は中森明菜の「セカンド・ラブ」と「スローモーション」か。
どっちもいいよね〜。

私のお勧めは、やっぱ、薬師丸ひろこの「セーラー服と機関銃」
・・もいいけど、
来生たかおの「夢の途中」でしょう。
ちょっと歌詞違うけど、どうしてもこっちが頭に浮かんじゃいます。

歌からそれちゃうけど、
映画「セーラー服と機関銃」親戚のお姉ちゃんが観に連れてってくれました。
当時、中1の私でした、まだかわいかった。
お姉ちゃんは真田広之のファンで、2本立てだった
「燃える勇者」って映画を観たかっただけなんですけど。
真田広之って、その時は全然知らなかったけど、
あ〜、お姉ちゃんの好きな人ってこんな感じなんだ〜〜。
っと、ボケ〜っと真田アクションを観てたような気がします。
いや、確かにかっこいいですね。今は渋いですし。
ただ、もう少し背があったらな〜。なんて私にいわれたかないか。
でも、真田広之に「みいさん、痩せて。」って言われれば、
痩せますよ。ええ、痩せますとも!!!(←大バカ
loveme | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:懐メロ
Comment








Trackback







人気ブログランキング
  • SEOブログパーツ

seo great banner

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
爪の色で階級が示されていた